太陽光を浴びることで日焼けが起きるシステム

長期間、紫外線光を浴びると日焼けをするのは、大抵の方が分かってますね。日焼けの原因になる太陽光は、一体どんなものなのでしょうか。

紫外線光とは、太陽の光の1つで、性質をA波紫外線、B波・C波紫外線と3つに分けることが可能です。ガラス窓の様な透明な物体では、紫外線A波自体を遮断する事は困難で、肌へ到達します。硝子を挟んで太陽の光を受けてたときや、自家用車の運転をしてた時にも、UVA波というのは通り抜けるため色焼けしちゃいます。

いっぽう、紫外線B波は雲で遮られますし、曇りの日は、雨降りの日少なくなります。天気によって照射の量が異なるUVの量というのは、このUVB波です。

UVc波が日に焼けてしまう事に関係はありません。何故なら、紫外線光C波は雲を抜けないためなんです。

A波というのは、硝子を通る事が可能なため、お肌の奥深い部分の真皮層に届きますが、有毒性で言うならB波ほどではないと言います。

皮ふの日焼けのことを考えるのであれば、部屋でUVを受けてしまうので、常時対策を実行する必要のある太陽光なのです。皮ふの色が黒っぽくなる事が、陽焼けの作用ではじゃないんです。シミやくすみが増加するし、肌のたるみや肌の老化要因にもなってしまうものなんです。

紫外線で日焼けをしちゃうというのは、皮ふをガードするためにメラニン色素を上昇させる、防御反応です。褐色に焼けてしまった元気な印象を相手に与えるのですが、美容という観点において見ると皮ふにとってはいいことととは言えない訳で、日焼け対策がポイントです。

bimind7Z