メイクでアンチエイジングする方法とは

アンチエイジングを、メイクのやり方で実現するという方法があります。アンチエイジングとはいいますが、実際には、メイクのちょっとした工夫で若々しい外見をつくります。アイシャドウをつける時に、お肌のくすみを目立たないようにすることで、イメージを変えることが可能です。肌のくすみがないように、トーンの明るいシャドウを叩き込み、それから本当のアイシャドウをつけます。アイシャドウではなく、クリーム状のコンシーラーを使う方法もありますが、厚く塗っているようにも見えるようになります。チークのつけ方をちょっと変えるだけでも、アンチエイジング効果が得られます。チークの色は明るめにすることです。パール入りのチークも、顔の雰囲気を明るくしてますので、アンチエイジング向きです。顔全体が引き締まって見えるようにするには、チークの高さは小鼻より高くなるようにして、たるみを感じさせないフェイスづくりをします。最近は、眉をちょっと下がり気味にしたメイクがはやっているようですが、年をとって見えるのではあまりよくありません。眉がしらより眉尻が高くならないように配慮しながら、眉尻はやや高めに、眉山は上がりすぎないような眉の作り方を意識してください。アンチエイジング効果が欲しいなら、まつげはボリュームを増やしてください。年をとると減っていくまつ毛を、メイクで多目に見せることで、アンチエイジングにつなげるわけです。

bimind7Z